お客様への接客や施術、きちんとできてるのか心配・・・

ひとりひとりの仕事でつきっきりになれない・・・。

ネイリスト・エステティシャンさんなど、技術職ってなかなかずっと隣について、しっかりと接客や技術ができているかを確認することって難しいですよね。隣の席なら会話は聞こえますが、お客様の好みにしっかりと対応できているのか、綺麗に仕上げられているのか、間もないスタッフが入客している時ってドキドキしますよね。

あなた自信、デビューして間もない頃を思い出してみてください。すごく緊張して、ドキドキしませんでしたか?

きっとスタッフさんも同じようにドキドキしています。

そう思うなら、スタッフさんが必要以上に緊張しないよう、リラックスできる空間を作ってあげた方がよさそう。朝、顔を見た時に他愛もない会話をしてみる。とか、隣の席にいる時なら挨拶をした後に「今日は何色にされる予定なんですか?」とスタッフが入客しているお客様に声をかけてみる。とか。

施術中も隣で会話聞いてますよ!みないなスタンスでいると、より緊張してしまいます。

できるだけ席を外したり、離したりしてみましょう。

スタッフのこと信用する

施術がおわってからも、いつもいつもどうだった?と聞かれたりあきらかに気にしてる。とう態度をとってしまうと、本当にデビューしたての日などはよいと思いますが、スタッフさんも「信用されていないのかな・・・。」感じることになってしまいます。

デビューの前に技術練習などをして、デビューの日を迎えたスタッフ。

あとはとにかく経験をつむしかありません。

お客様にご迷惑をおかけしないか、もちろん心配なことはたくさんありますが、あなたもそうだったように、入客するたびに慣れてきます。技術もあがっていくしかありません。

あなたができることは、自信をもってお客様にどうどうと接客できるよう後押しをしてあげることではないですか?

いつでも聞ける環境にする

デビューしてからも定期的に技術チェックや、不安な所を一緒に練習することも必要です。

わからないことや不安なことはいつでも聞けるようにしておくことも大切。

わからないことをそのままにしてしまうと、そのうち忘れていってしまって、次にまた同じことを繰り返してしまいます。

いつでも聞いてね。という聞きやすい環境を作ることで、わからないことはその都度解消できるようになります。

焦ってもしかたない

全てのことにおいて言える事は、上達するには経験しかない。ということ。

スタッフさんやお客様が心配なのはわかります。だからって何度も同じことを言ってみても意味がありません。

経験して、時には上手くいかない事があって、練習や意識を変えてまた経験する。その繰り返しで一人前になっていきます。

あなたがしてあげなければいけないことは、「上手くいかなかった時」のフォローです。

もしかしたらお客様からクレームが入る事もあるかもしれません。その時にどう対応してあげられるか。そのスタッフに全ての対応を任せるのではなく、オーナーとしてしっかりとお客様対応のフォローをする。そして落ち込んでいるスタッフと一緒に学び、再び前を向いて進んでいけるようにする。

その役割がオーナーにあります。

スタッフさんが安心して働ける環境づくりをめざしていきましょう。

思いやりサロンスタッフ育成アカデミー  【ステップメルマガ】

思いやりサロンスタッフ育成アカデミーではスタッフ育成に悩んでいるサロンオーナーさんへ「理想のスタッフと出会うため」のメルマガを配信しています。 7日間のステップメールの中であなたのヒントになる内容が詰まっています。 無料登録特典として、サロンオーナーとしての「First Book」もプレゼントしています。 さらに登録特典として通常60分20000円の個別相談が60分5000円でお申込みしていただけます。 あなたも思いやりサロンをつくってみませんか?
*icloud、ezwebのアドレスは正しくメールが届かない場合があります。Gmailなどをご利用ください。

Follow me!